不眠を解消しなくてはならない3つの理由

不眠を解消しなくてはならない3つの理由

不眠を解消しなくてはならない3つの理由

睡眠は大切です。
ですが、そもそも、なぜ睡眠が大切なのか。

 

その理由が分からなくては、睡眠に対する意識は低いと思います。
そこで、睡眠不足だと体にどのような影響が出るのかを説明したいと思います。
睡眠不足が、
体にどのような影響を及ぼすのかを知れば、睡眠に対する意識は、今までとは違うものになると思います。

 

免疫力の低下

 

免疫力は、体内の様々な場所に存在し、侵入してくるウィルスに対して防衛行動を起こしてくれる。
言わば、体内のガードマンです。
免疫力が守ってくれているおかげで、様々な感染症などから体を守ってくれます。
ですが、この免疫力は、夜の寝ている間に作られるのです。
もしも、充分な睡眠がとれていないと、免疫力の生成が出来ません。
その結果、ウィルスなどの侵入を許してしまうのです。

 

ストレス

 

毎日のようにストレスはやって来ます。
仕事場や家庭で受ける小さいストレスは、やがて心や体に大きな影響を及ぼします。
長く睡眠不足に陥ると、認知機能に影響が出てきます。
正しい認知が出来にくくなってくると、次第に精神的なバランスを崩してしまうのです。
不眠が続いた後に、うつ病など精神疾患を発病しやすくなる理由は、認知機能が正しく働いていないからです。
睡眠は、その日に受けたストレスを軽減させてくれる効果があります。
睡眠をとる事で、集中力が上がり、物事を正しく認知する事が出来るようになります。

 

血圧の上昇

 

睡眠不足に陥ると、血圧が高くなりやすくなります。
血圧は、1日の間に大きく変動します。
起床してから次第に上がっていった血圧は、夜に向けて下がっていきます。
なぜ、血圧がこのように変化をするかというと、日中には交感神経が働き、夜には副交感神経が働くからです。
ですが、不眠のままだと交感神経が興奮して、血圧は上がったままなのです。
睡眠を充分にとるという事は、血圧の上昇を抑え、血管を守ってくるのです。

 

なぜ、睡眠が大切なのかが分かれば、睡眠に対する意識が変わってきます。
今日ぐらい夜更かししても大丈夫。なんていう考えは危険な事です。
夜に、しっかりした睡眠をとる事は、自分の心と体を守る為に必要な事です。